推しくん!笑って!

推しくんと推しくんのユニットと弱小おたく

表に出るということ、知名度が上がるということ

私が推しくんを知った当初に比べれば、随分と知名度も上がりました。ファンも増えました。
けど、一般的に見ればまだまだの存在。推しくんのことも、推しくんが出ていた作品のことも、推しくんが所属するユニットのことも、知らない人はまだまだたくさんいます。

 

先日、推しくんがとあるイベントに参加しました。
今回のイベントは、大先輩たちがたくさんいる中でのイベントで、推しくんは当然ですが一番の新人。先輩たちに比べれば知名度もなにもありません。

そんな中、推しくんは精一杯やっていたと思います。わたしは推しくんではないから実際どんな気持ちだったのか知らないし、ちゃんと出来るだけの力が発揮できたのかはわかりません。でも、少なくともわたしから見て推しくんはすごくその場を楽しめていたと思っています。

推しくん意外にも(?)緊張しいみたいで、よくイベントの冒頭5分くらいは緊張して場の空気をつかもうとしてるみたいなところがあるんですが、今回は緊張から空回ってテンションがおかしなことになっていました。
緊張からというより興奮かな。興奮しまくってヤバい人みたいな。

 

そんな感じで他の先輩方目当てで来て、初めて推しくんを見る人たちにそのヤバさを見せつけてしまった推しくん(褒めてる)ですが、それが功を奏したのか、イベント後から推しくんのことが気になるという人が増えたようです。

ようです、というのも、わたし自身がそれを確認したわけではないのですが、ツイッター推しくんへのリプで「今回のイベントがきっかけで、推しくんを知らなかった人たちが推しくんのこと好きになってくれたみたいです!」みたいに言ってるのを目撃しただけなんですが…。わたし自身で「あの○○って人いいね!」って言ってるのはまだ見てません。し、探してません(笑) 見たくないからね!

 

推しくんからしてみれば、今回、こういう場を終えて推しくんのファンが増えるのは喜ばしいことだと思います。
推しくんの知名度が上がり、ファンが増えることで推しくんのお仕事にもつながり、ユニットにもファンが流れて知名度が上がって……となる、はずです。それはきっと喜ばしいことでしょう。推しくんももっと大きいところ行きたいって言ってるし。

 

けど、それを私が受け入れられるかどうかとなると、話が違ってきます。

いや、推しくんのファンが増えるのはいいことです。きっと。ちゃんとお金を落としてくれるなら。
でもさ~~~~なんというかさ~~~~受け入れられないんだよ~~~~!

もしその新規さんが自分より現場通ってたら嫌だし、自分よりお金出してても嫌だし、じゃあ茶の間、金出さないファンならいいのかって言われたらそれも嫌なんだよ~~~!!

なんだったらいいのかって感じだけど、結局のところなんでもダメなんですよね。だって同担拒否だもん。自分以外の推しくんのファンは受け入れられません。

でも自分だけじゃどう頑張っても推しくんを支え続けることができないのも確かで、自分の非力さが虚しいと同時に、自分がいなくても推しくんは変わらず輝き続けるんだろうな~~~って思って気分が落ち込みます。

本当にめんどくさいおたくでごめんね推しくん……でもこんなちっぽけなわたしでも推しくんの力になれてると信じたい…

 

ま~~~た何を言ってるのかよくわかんなくなってきましたが、ここでタイトルに戻るわけです。

「表に出るということ、知名度が上がるということ」

表舞台に出るということは、それだけ知名度を得る可能性があるということ。どういうルートでとかはさておき、表舞台に立てば推しくんのファンが増える可能性があります。
こういうお仕事をしている人で、ファンが増えることを喜ばない人はいないと思います。例の匿名の人みたいに茶の間は…と思うことはあれど、基本的に「ファンが増えた!嫌だ!」っていう役者はいないんじゃないでしょうか。

 

そもそも、それが俳優であれ歌手であれなんであれ、芸能活動している人たちって、知名度を上げる/ファンを獲得することも仕事の一つだと思います。
俳優ならお芝居が仕事だし、歌手なら歌うことが仕事なのは当然ですが、その根本的な部分には「知名度を上げてファンを得る」という仕事があるのだと思います。

知名度がなければお仕事を得る機会はぐっと減るだろうし、ファンがいなければ収入も減ります。きっと。
お仕事を得るために、収入を得るために、彼らは知名度を上げる必要があるし、そのためには言い方は悪いですが、表舞台に出ることが手っ取り早い方法なのだと思います。もちろんそれだってとても難しいことではありますが。

 

そういう意味では、今回のイベントで「○○くん初めて見たけどよかったね!」「○○くんのことちょっと興味持ったかも」って言われるのは、お仕事的に大成功だったと思います。やったね推しくん!もちろんイベントもめちゃんこ良かったよ!

けど、ちょっとだけでもいいから(良くないけど)いつものファンのことも気にしてね。新しいから、前からいるからとかでどうこうする人じゃないのは知ってるけど。わたしは無条件で背中を押してくれてると信頼してもらえるようなファンじゃないから、時々は振り返ってちゃんと背中押せてるか確認してほしいです。ブログでくらいわがまま言うの許して。

 

な~~~んてことちまちま書いてる間に1週間経ちました。
その間にまた別のイベントがあったり、そこでびっくりするくらい成長を見せつけられたり、嬉しい発表があったりといろいろあってめっちゃハッピーです!

推しくんが今日もかっこいい!お仕事がある!幸せ!

 

 

先日の記事にめちゃめちゃスターついててびっくりしました。読者も増えたっぽくて大丈夫か…!?とビビってます。

いつもありがとうございます。こんなまとまりのない文章ばかりでごめんなさい。これからもよろしくお願いします。